木工おじさん

ヤフーのブログから引っ越ししました。 最近の更新が遅いのですが、心機一転できたらと思います。 旧ヤフーブログでいただいたコメントはすべて消滅の運命をたどることとなり 非常に残念です。書いていただいた方、ごめんなさい。 これからぼちぼちですが更新していきます。よろしくお願いします。



新年の大雪では洗濯機と2階のトイレが2日間凍結しました。

天気が回復し注連を取り、いつもの冬に戻りました。

今年最初の牛鬼教室が16日から始まります。

準備は万端です。

教室の皆さんと会える時間を楽しみにしています。

この教室の記事を宇和島信用金庫さんの冊子に載せていただきました。


1610436108215


502edac7-s (2)





また、田の中に干支(牛)の藁黒があるという情報をもらい

正月3日に見に行ってきました。

夜はライトアップされるようになっています。


それからのち、日を改めて野村のお日切りさんを回って初詣をして

のっぽの門松も仰いできました。

DSC_0590


DSC_0592


DSC_0597





DSC_0606

宮下の池に白鳥が来ているよと情報を頂き、行ってみました。
宮下の池の場所ですが、三間なのか、旧宇和島市内の宮下なのか、を迷いました。
電話で聞いてみました。後者でした。それならすぐ近くです。
昨日は雨だったので待ってからの今日、行くことになったのです。
白鳥は私らを見てすぐに寄ってきました。
慣れていますね。誰かが餌つけをしているからだと思います。
家に戻ってから餌のことを調べてみました。

食パンの耳、雑穀、ワレ米などです。
お菓子などは決してあげないでください。
白鳥や水鳥たちは春になれば、またシベリアへ旅立ってゆきますので
人工的な食べ物はあげないよう心掛けてください。

ということなので気を付けます。


DSCN0918


DSCN0922



DSCN0929

御幸町1丁目2丁目のお猪子さんを毎年やっています。

もう、長年ずっとです。

同行して、1丁目2丁目一軒一軒回ります。

コロナに負けずに、子供たちは頑張りました。

DSC_0576


DSC_0570


DSC_0575



11月3日、秋晴れの上天気でした。

ブログでみたばかりのコスモス畑の記事に引き寄せられ、
ちょっと行ってきました。

すぐに行動に移すことの早さと言ったら、
牛鬼の塗装を途中で切り上げての、出発でした。
今度の牛鬼は恒例の公民館展示用の物です。

コスモス畑は想像以上に広く、
創作案山子があちこちに居て、収穫など、農事に就いていました。

DSC_0556


DSC_0569


DSC_0567


DSC_0552


DSC_0564

 
DSC_0550


DSC_0551

DSC_0552

DSC_0557


彼岸前にお参りしたときは、気に留めていなかった萩ですが、

見ごろだと勧められて、また訪ねてみました。

菩提寺への坂道は、ゴルフの山とは大違いで、きつい きつい  

ずっと手前の閻魔様の寺の坂道は、

ちょっとの間も駐車できないように、狭められているのです。

ずっと下の有料駐車場のところから坂道を歩いて

いつものように上りました。

見上げると黒柿の小さい実がびっしりです。




待合所が ますます混んでいきます。

こねこね亭、入店で先に支払い。天盛りそば。

13番の番号札を受け取りました。どのくらい待つのだろう・・・。

7番の客が呼ばれました。あ~倍待つのか!

順番待ちに用意されたベンチに腰掛けておとなしくしておりました。


目の前ではそば打ちをガラス越しに見学できます。

広々とした作業場。打つ人はひとり。2人ほど手伝いの人。


正午ごろ、ようやく13番の番号を呼ばれカウンターに案内されました。

密を避けた配慮でやっとこさカウンターに腰掛けたのです。


屋外ではイベントがにぎわっています。

中山町に行ったもう一つの目的は、焼き栗です。

良いタイミング。

高圧で焼き上げます。焼きあがるのを待って、熱々を買うことができました。

どうせならと1000円の投資です。20個ほどありましたかね。

DSC_0549

吉田へハウスみかんと早生みかんを買いに行ったのですが、
白い彼岸花のあるところにも寄りました。
吉田中学校の近くの花壇です。2か所あります。
昨年は見ごろを過ぎていたので 今年は早めに注意していました。
咲きはじめています。間に合いました。これからもっと咲きます。
DSC_0534

DSC_0543


それより前の時刻には 日吉と肱川とへ所用で行ってきたのですが、
山道に葛の花が終わりかけているのを撮りました。

DSC_0530


DSC_0533

小さい滝!

その1 発泡スチロール切断機

先日は、台風に備えて かなり大掛かりな作業をしました。温水器を下すのです。

屋根の上の温水器は、冬の大嵐で危なくなっていましたので 早く下ろさないといけなかったのです。

解体して下ろしました。そのときの 廃棄物、金属 ガラス等は頼んで処分です。

ホースと発泡スチロールは、うちで処分ということにしました。

今日は下した廃棄物の発泡スチロールの解体とゴミ袋に詰める作業。

細かくするのですが、なにせ温水器の発泡スチロールは巨大です。

ちまちまナイフで切ったりはできません。

いつもの創意工夫を編み出し出来上がった道具が 発泡スチロール切断機です。

熱で溶かし切ります。

DSCN0907

DSCN0910

DSCN0915




その2 屋根に上がるための 梯子の準備も早くから・・・。

2階の屋根に上がるための梯子はこないだテレビショッピングで購入。

折り畳み式ですが2階に立てかけたら 少しサイズが足りなくて、

サイズを伸ばすため これまた私の手作りで 

サイズ延長装置の道具を木工で作りました。


DSCN0911



 

蛍の情報は大変身近なところから始まりました。

西山田。姉の家族がいます。

そこの郵便局から開始という発信者に倣い、

我々は一日遅れの、昨夜行ってきました。

天気の心配は無用でした。沢山舞っておりました。

狭い裏道を川沿いに、そろりそろりと走行していると・・

思いがけない住人に出会いました。

食用蛙。

私の車の前に立ちはだかって轢かれそうで。

車のライトを浴び、動けないのか動こうともしないのです。

手を出しても逃げません。

しかし、このライトの光が、撮影には好都合でした。

サイズ約20センチ。跳んで退散するときは30センチはありました。

それに比べて、蛍の画像のほうは、わかりきってはいましたが、

ワースト3に入る出来映えです。省きます。

IMG_20200526_203610








明間のばら園と呼ばせてもらっています。

車のドアを開けた途端に、薔薇の香りを感じました。

3度目の初夏を迎えての訪問ですが、

ついに昨日、最高の薔薇日和を過ごすことができました。

沢山の品種の薔薇が、広い庭に咲き誇っていました。

園のあるじ夫妻とも、初対面でしたが、歓談できました。

庭は見学のお客さんでにぎわってきていました。


尚、初めの、これら2枚の画像は、

我が家の玄関にあるミニ薔薇と、白鳥草です。

IMG_20200524_161328

IMG_20200524_161319




これより薔薇園の画像です。

DSC_0488

DSC_0489

DSC_0490

DSC_0494

DSC_0492

DSC_0491


↑このページのトップヘ